イ・フィリップ☆ 그린내. Philip Lee 

韓国俳優 イ・フィリップ氏の記事を中心にお伝えします。

ローマ法王来韓時のフィリップ氏

画像リンク1
http://gall.dcinside.com/board/view/?id=leephilip&no=133755&page=1

画像リンク2
http://gall.dcinside.com/board/view/?id=leephilip&no=133756&page=1

家族と来ていた、ということなのでアメリカからお母さま達が来ていたのかも
しれませんね。
FC2 Management

土曜日にここのgalleryの主人を見た

土曜日にここのgalleryの主人を見た

投稿者
通行人

2014-06-2414:39:52
1.234*。*


知人とゴルフをしたそうだよ。
本当に顔が小さく長身で..わ...すごかったよ、比率 最高最高!
ちょっと話も交わしたがセンスよく優しかった!
声もいいし、笑うのも綺麗だった!
アイコンタクトもちょっとしたけれど、目の輝きに何か(才能、魅力が)あるようで。

この記事は、認証文になるのか証し文なのか...
とにかく韓国におられる!早く次の作品をされることを願っているから!

http://gall.dcinside.com/board/view/?id=leephilip&no=133728

続きを読む »

イ·スドンSTG会長、高麗大学の発展基金100万ドル快く寄付

イ·スドンSTG会長、高麗大学の発展基金100万ドル快く寄付
工科大学 - 美ジョージ·ワシントン大学の学術交流のために


[韓国大学新聞イ·ヨニ記者]
イ·スドンSTGグループ会長が高麗大学工科大学の発展基金
100万ドル(約10億ウォン相当)を寄付した。

高麗大学は11日午後7時アンガンキャンパスメディア館クリムゾンラウンジで
イ·スドンSTG会長と一緒に高麗大学工科大学発展基金寄付式を行ったと
12日明らかにした。

今回イ·スドン会長の寄付金は、「工科大学イ·スドン研究基金」と命名され、高麗大学と
米国のジョージ·ワシントン台の学術交流のために使われる。
教授と大学院生の交流を通じた共同研究、共同ワークショップ、技術交流などの
学術協力のために使用される。

高麗大産業工学科を卒業し、米国ジョージ·ワシントン大学大学院を卒業したイ会長は
「私の成功を可能にした元肥は二つの大学で受けた教育」と、将来の人材に、
より良い教育環境を提供したいと寄付の動機を明らかにした。
イ会長は去る2010年にも米国ジョージ·ワシントン大学で開かれた寄付金の伝達式で
高麗大とジョージワシントン大学間の学術交流のために100万ドルを寄付している。

イ·スドン会長は、「今回をきっかけに、高麗大学工科大学の良いプログラムを介して
、韓国を代表し、さらに世界を代表する工科大学になってほしい」とし、
「始まりは小さいが力強い歩みを踏み出すことを期待する」と述べた。

イ·スドン会長は、1986年STG社を設立し、ITの運用システム、セキュリティ、計算、
情報管理との統合ITソリューションを手がける世界的な企業に成長させた。
透徹した起業家精神をもとに、社会的責任に尽力した功労で2001年に
「誇らしいアジア系アメリカ印象」、2003年「米国連邦上下議員制定移民大賞」を受賞した。
韓国ベンチャーフォーラム諮問委員、国家情報化戦略委員会諮問委員などとしても活動した。
俳優イ·フィリップの父親としても知られている。

http://news.unn.net/news/articleView.html?idxno=135909

ネタぎれ ^^: なので、検索して出てきたお父様の記事をひとつ...。

5/26 Happy Birthday!!!



今年こそ、活躍する姿をみたいですね。
誕生日おめでとうございます!

17こんにちは^^   管理者2014.05.06

17 こんにちは^^  管理者2014.05.06

こんにちは



天気が本当に暖かくなりましたね。



それでも昼夜の気温差があるので風邪に用心してくださいね。



健康が最高です。



頻繁に更新できなくてすみません。



フィリップ兄さんは元気に過ごしています。
目もだいぶ良くなりました。



この頃は読書に没頭していて、毎日、本を抱えて生活しています。 フッフ



はやくスクリーンに復帰して良い作品でお会いしたいですね。



それではごきげんよう...

続きを読む »

テーマ:韓国俳優 - ジャンル:アイドル・芸能

プロフィール

雪の華

Author:雪の華
俳優イ・フィリップ氏を応援します。
(私設応援ブログです。)

掲示物の写真-キャプチャー場面-
資料等の著作権は,それぞれの
出処に帰属します。

無断転載はお断りいたします。
記事の転載する場合は、ご連絡
くださいますようお願いいたします。
(出来ればリンクの形でお願いします。)

メールのチェックが遅れてご迷惑を
かけたケースがありました。

メールフォームを設定しましたので
こちらから連絡していただくのが
確実なようです。

よろしくお願いします。

Google翻訳v2

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログランキング
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム