イ・フィリップ☆ 그린내. Philip Lee 

韓国俳優 イ・フィリップ氏の記事を中心にお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソン・ジナ作家の公開した台本から?

#そしてナレーションが続き、
668年唐と新羅によって
高句麗が滅ぼされると字幕。
唐により高句麗の歴史書は失われたと字幕。

コムル村にあった記録が焼き払われるシーン。

#現代、インチョン空港庁舎外部
多くの人、車が行き交う。

おのおのリュックサックを背負った現代人の
ヒョンゴと少女のスジニ。
ヒョンゴはスーツケースをずるずる引いて
走っている。

広開土太王の碑を見物する団体ツアーに
参加するのだ。
碑には、失われた高句麗の歴史が記されて
いるという。
今は、その碑はガラスで覆われて
直接触れることは出来ないという。
写真も撮ってはいけないという。

その周りを無心に通り過ぎる人々・・・
スーツケースをひいてさっそうと急ぎ足の男の
後姿.。髪が短いチョロか?
タクシーを拾っているまた別の男の後姿。
立派な背広のホゲか。
行き交う多くの人々。
まるで人ごみの中のどこかに四神が
通り過ぎ去っていくような・・・.
そしてもしかしたら新たに生まれた太王も
いるかもしれない・・・。.

◎完璧に訳したわけではありません。
あちこち、はしょったり、意訳もしています。
スポンサーサイト

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ソン・ジナ作家の公開した台本から?

#チョロとチュムチ。 争ったファチョンたちも皆
眩しくて片手でさえぎりながら空を見る。
吹雪と闇が晴れて清明な空に明るい日の
光がさしている。

身を縮めていたヒョンゴも頭を上げる。

高句麗の歴史のナレーション(ヒョンゴの声)
#国内城の街中。
多くの人が行き交う活気溢れる風景。
チョロが、槍を抱いて歩いてくる。
ある欄干の下を通り過ぎる時、何を感じたのか
にっこりと笑う。そして素早く横へ避ける。

欄干の上からまさにその位置に攻撃して
飛び降りてきたチュムチ。次の攻撃に入るが
すばやく地形を利用してかわすチョロ。

まったく戦うつもりはないようだ。
チュムチに大きなかごを投げつける。
チュムチがかごをどけて見たときには
すでにチョロは見えない。
ぜいぜい息を切らすチュムチ。

歴史のナレーションの続き。

#軍営の一角
弓兵部隊の鎧をつけたスジニが
他の兵士と酒の飲み比べをしている。
一気に飲み干すスジニ。
相手の兵士は飲みすぎて倒れてしまう。
スジニが勝った!
応援していたファンの歓声があがる。
スジニ、自分の胸元をパンパン叩いて意気揚々。

ナレーション。
#錬武場
若いコリョン(長寿王)が力をつくして剣を振り回して
相手を攻撃している。
(幼い子どものような短髪ではなく、
タムドクのような髪型)

ナレーションが入る。

コリョンの相手をしているのはタムドクだ。
笑いながら剣の稽古をしているところだ。

老いたコ・ウチュンが笑いながら見ている。

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ソン・ジナ作家の公開した台本から?

#キハが切なげにスジニを見る。
スジニがキハを見る。スジニにだけ
聞こえるキハの心の声。

キハ:
私の妹よ。私を・・消して。

スジニが泣きながらキハを見る。

キハ:
これが私の願いよ。手伝って。

祭壇の紅玉が赤々と燃え上がりながら光を
出し始める。
(他の神器が覚醒した時のように)

紅玉が空中に浮かび始める。
そしてスジニの元へ風に乗って
飛んでくる。
昔、ファヌンがセオに教えていたように
スジニは紅玉を握り締めた手を胸に当てる。
スジニから放たれた光が四方を明るく照らす。
四方の火が消え始める。

光がタムドクを包むと息絶えつつあったタムドクが
頭を上げる。

キハの視線が子どもへ。
スジニの膝で静かに目を閉じている子ども。
タムドクがキハを見る。
キハがタムドクに微笑んでいる。

キハが急激に燃え上がり消滅していく。

消滅していくキハの前に立つタムドクのシルエット。
スジニがタムドクを見ている。
スジニの手の中では、まだ燃えている紅玉。
割れてしまわずに残っている。

立っているタムドクの後姿からホワイトアウト。

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ソン・ジナ作家の公開した台本から?

#アジクの傷ついたのをみて黒朱雀にかわるキハ。
空は暗闇に包まれる。
キハから火の塊のような光が飛び出す。
あたりは火の海になる。

また、アジクの血で神器が覚醒し
外で戦うチュムチやチョロが斧や槍の
一振りで多くの敵を吹き飛ばしている。

#天弓を折ったあとのシーン
祭壇の上の神器が一つ一つ壊れて消えていく。
そのたびにタムドクも苦しんで血を流す。

タムドク:
天が私たちを選ぶのではない。私たちが
選択するということだったのだ。

最初に白虎の神器が消える。
瞬間、タムドクはとてもひどい痛みを感じながら
ふらつく。

チュムチが血を吐いて倒れる。
向こうで戦っていたチョロが振り返る。
チュムチが斧で支えながらかろうじて
持ちこたえる。

タムドク:
その質問に答えるのがチュシンの王だった。
それがチュシンの王のするべきことだった。

青龍の神器が消える。
タムドクがふらつく。
スジニは神器とタムドクを交互に見る。
神器が砕けて消えてしまうたびに
タムドクが傷を負うことに気付く。
タムドクの耳から血が流れる。

チョロが一瞬動きをとめる。
一瞬の苦痛が激しい。ふらついてしまう。
横でファチョンが機会を逃さず刀をふるう。
チョロの腕が切られて血飛沫が飛ぶ。
彼は腕につかんでいた槍を取り落とす。

スジニ:
やめて!姉さん。
神器が全部砕けてしまったら
王様も死んでしまう!
どうか、もうやめて!

タムドクの口からも血が流れる。

タムドク:
これが、私の答えだ。
天の力は天に返そう。
朱雀の力も返すから。だから・・お前はもう
大丈夫だ。(キハのこと。)
私が全て答えたから。

祭壇の上の玄武の神器が爆発するように砕ける。
タムドクは片膝を付いて倒れるが、かろうじて
持ちこたえる。

ヒョンゴが大きな衝撃を受けたように倒れてしまう。

テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

ソン・ジナ作家の公開した台本から?

放送された最終回とは、細かいセリフも含めて
いくつかの違いがありました。

#ホゲとキハのシーン
〈タムドクを生かしたままつれて来て欲しい〉と
なっています。
キハが、タムドクと会って話したいことがある、と。

その後にキハが自らタムドクを殺して自分も
死ぬつもりであることをホゲはわかっていますが、
キハの願いをかなえようと出陣します。

#戦場で
タムドクは、スジニに先にアブランサに
潜入して子どもを探して欲しいと叫びます。
そして、アブランサに向かうスジニを守って
フッケ将軍が戦死します。

#ホゲとタムドクの戦い

タムドク:
お前が私の息子をさらったのか?   

その声に驚いてホゲが隙を見せて後ろに押される。

タムドク:
これが天の力は必要ないというお前達が
望むことか?罪の無い子どもの心臓を取り出して 
天の力を手に入れることか?その場にあの女も
いるのか?

怒ったタムドクが狂ったように言い立てる。
ホゲがかろうじてタムドクを食い止めながら
訊ねる。

ホゲ:
お前の息子だって?

タムドク:
そう、私の息子だ。父を殺した女が産んだ私の息子。

ホゲ、食い止めながら、がっくりしたように笑う。
そして、声を上げてタムドクを攻撃する。
死に物狂いに飛び掛る攻勢に今度はタムドクが
押される。後ろに転びそうになるのをなんとか立つ。
ホゲ、攻撃しながら

ホゲ:
彼女じゃない!

タムドク:
寝ぼけたことを言うな!

攻撃が戻ってきた。ホゲが防御もせず、動きもしない。
タムドクが振り下ろした剣がホゲの肩を裂いて刺さる。
タムドク、驚いて、見る。衝撃でふらついたホゲがまた
立っている。

ホゲ:
お前の父親は自殺したんだ!私の父のように。
あの、いまいましい王というものになれと
私たちに訊きもせずに自分勝手に死んでいったんだ。

タムドク、ショックで剣を取り落としあとずさりする。
驚いて言葉も出ない。

ホゲ:
彼女は、言わなかっただけなんだ。

うわ~っと声を上げて、ホゲが肩に突き刺さった
ダムドクの剣を引き抜いた。地に落ちた剣。
ふらついて後ろに下がりながら、片腕は動かせず
傷ついた腕にもう一度剣を握りなおして

ホゲ:
それくらい、お前がわかってやるべきだ。
それなら、私も少しはむくわれるじゃないか。
そういう女だから、そんなふうに、お前だけを
思う女だから、私ではどうしようもないんだ。

呆然と立っているタムドクに向かって声をあげる。

ホゲ:
剣をとれ!ちゃんと終わらせろ!

タムドク、ぼーっと地に落ちた剣を眺めている。
ホゲが声を上げて走ってくる。
タムドク、ほとんど反射的に地に転がって剣を取り
反撃する。別に防御する意思の無かったホゲ。
腹部を刺される。
膝をついて

タムドク:
(怒鳴りつける)
どうして

ホゲの腹部の剣を抜く。

タムドク:
言わないんだ!何故!!


ホゲ:
(膝をついた状態で、微笑みながら)
お前はチュシンの王じゃないか。

タムドク、前に傾くホゲをつかまえる。
その後ろに近づく後燕の軍。
しかしコ・ウチュンとその部隊が駆けつけて
防ぐ。後ろでおきた戦いは
あずかり知るところではなく。タムドク、
ホゲに訊ねる。

タムドク:
おい!

ホゲ:
彼女を助けてくれ。お前には出来るじゃないか。
私には出来なかった・・。

タムドク:
ホゲ!

ホゲ:
行け!チュシンの王、ずっと昔は・・我が友・・

ホゲが崩れ落ちる。
その周囲で後燕軍とコ・ウチュン部隊。
コ・ウチュンがタムドクを攻撃しようとするものを
食い止め叫ぶ。

コ・ウチュン:
どうぞ、行ってください、陛下!




テーマ:韓国エンタメ - ジャンル:アイドル・芸能

プロフィール

雪の華

Author:雪の華
俳優イ・フィリップ氏を応援します。
(私設応援ブログです。)

掲示物の写真-キャプチャー場面-
資料等の著作権は,それぞれの
出処に帰属します。

無断転載はお断りいたします。
記事の転載する場合は、ご連絡
くださいますようお願いいたします。
(出来ればリンクの形でお願いします。)

メールのチェックが遅れてご迷惑を
かけたケースがありました。

メールフォームを設定しましたので
こちらから連絡していただくのが
確実なようです。

よろしくお願いします。

Google翻訳v2

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログランキング
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。