イ・フィリップ☆ 그린내. Philip Lee 

韓国俳優 イ・フィリップ氏の記事を中心にお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[成功ストーリー] “私は今日も挑戦を渇望する”から抜粋

以前記事になっている内容ばかりですが、お父様であるイ・スドン氏が
高麗大の名誉博士号を受けたことで、インタビューが出ていました。
移民としてアメリカに行くことになったのは、先にお母様の家族が
ほとんど向こうに移住していたからなんですね…

フィリップ氏の名が出ていたのでその部分だけ抜粋。

原文



▼息子が経営を受け継ぐことを願う心があると思いますが。

“魚を与えるよりは魚を釣る方法を教えるという話があるでしょう。 私も子どもにお金や
会社を譲るよりは自ら生きていく知恵を体得することができるように育てるのが
両親の役割だと考えます。 それで子どもたちが自らしたい仕事をするように
三度まで機会を与えます。 フィリップも役者になりたいというから、やってみろといって、
何も言わずに見守っています。 事業マインドがあるのか企画会社に入らないで自ら企画会社を
つくって役者活動をしながら韓国エンターテインメント事業をまなんでいるようです。
演技が上手なのかどうかは分からないですが、韓国の酒文化には私よりうまく適応しましたよ(笑い).
いつかは経営の一線に戻らないだろうかと期待しています。”


~省略~

▼他のお子さまはどうですか。

“娘が三人ですが、長女は12年前に創業して職員数 500人、年売り上げ700億ウォン規模の
堅実な会社で育てました。そうするうちに昨年四人目の子どもを産んで、育児に専念するために
私の会社と合併しました。 会社持分の10%を保有した役員です。
(三番目の子にあたる)次女は経営学を勉強して料理人になりたいというので、
そちらの方を勉強をさせたが今は結婚して主婦です。
末っ子はシカゴ美術大学通ってファッションをするといって今ファッション勉強をしています。”

スポンサーサイト
プロフィール

雪の華

Author:雪の華
俳優イ・フィリップ氏を応援します。
(私設応援ブログです。)

掲示物の写真-キャプチャー場面-
資料等の著作権は,それぞれの
出処に帰属します。

無断転載はお断りいたします。
記事の転載する場合は、ご連絡
くださいますようお願いいたします。
(出来ればリンクの形でお願いします。)

メールのチェックが遅れてご迷惑を
かけたケースがありました。

メールフォームを設定しましたので
こちらから連絡していただくのが
確実なようです。

よろしくお願いします。

Google翻訳v2

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログランキング
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。